このエントリーをはてなブックマークに追加

運転者年齢条件特約の内容

自動車保険の保険料を下げるための特約はいくつかあります。
これらの特約は、基本的に補償の範囲を狭めるものとなっており、その結果として保険料を下げることになっています。
自動車保険では、記名被保険者以外の運転する補償の対象者を狭めることで保険料を下げるものがあります。
そして年齢条件によっても保険料を根下げることができるものがあります。
それが「運転者年齢条件特約」です。
そもそも自動車保険では、齢を重ねることによって保険料が下がっていきます。
これは、交通事故の多くが20代の若い世代に多いため、それ以上の年齢の方は事故の発生リスクが低いものとなっています。
ですから、若い世代ほど、自動車保険の保険料は高いものとなっています。
ですが、このままでは負担は若い世代にばかり押し付けるという格好になってしまいます。
そこで運転者年齢条件特約というものがあります。
運転者年齢条件特約では、21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保、そして全年齢担保の4つがあります。
運転する人の年齢を制限することによって、保険料を安く抑えるという特約です。
ただし、この年齢条件に合っていない方が、交通事故を起こした場合は、補償を受けることができません。
例えば、親子で1つの自動車保険へ加入している場合、このような事態が想定されます。
そのため、親子で1つの自動車保険へ加入している場合は、年齢条件を子どもに合わせる必要があります。
Copyright (C)2018あなたの入った自動車保険・・どんな特約つけてます?.All rights reserved.