このエントリーをはてなブックマークに追加

運転者本人・配偶者限定特約の特徴

運転者家族限定特約は、被保険車の運転する人物を記名被保険者(保険加入者)と、その配偶者、同居している親族、未婚で別居している子どもを補償の条件としています。
運転者家族限定特約は契約することで、保険料の割引制度を受けることができます。
これ以外にも保険料を安くするための特約に「運転者本人・配偶者限定特約」があります。
この運転者本人・配偶者限定特約は、記名被保険者とその配偶者のみを補償の条件としています。
運転家族限定特約では、記名被保険者と配偶者以外にも、同居の親族や子どもも含まれており、それよりも補償の条件が絞られたものとなっています。
補償を受ける範囲が狭くなっているため、運転家族限定特約よりも、運転者本人・配偶者限定特約の方が保険料の割引が大きなものとなります。
自動車保険の保険料をできる限り減額したい、という方にとってぴったりな特約と言えます。
ですが、記名被保険者と配偶者以外が被保険車を運転し、交通事故を起こした場合は、当然補償を受けることができません。
そのため、自動車の使用状況によってこの運転者本人・配偶者限定特約の適性は異なるものとなっていると言えます。
自動車保険の特約は様々な補償や特徴を持ったものがありますが、まずは適性を考慮することが大切です。
自動車保険の特約は、全ての人にとって適したものとは言えないため、適性があるかどうかで、加入を判断する必要があります。
もちろん、補償が充実していることは、非常に魅力的と言えますが、補償を充実させるほど、保険料は高額なものとなります。
Copyright (C)2018あなたの入った自動車保険・・どんな特約つけてます?.All rights reserved.