このエントリーをはてなブックマークに追加

運転者家族限定特約の中身

自動車保険の特約には、保険料を減額することができる契約のものがあります。
ですが、保険料を減額すると、補償である保険金額はどうしても減額されてしまいます。
そのため、全てにおいて保険料の減額可能な特約にメリットがあるというわけではありません。
必要な補償は、必要なだけ支払われることは、自動車保険へ加入する際に最も重要なこととなります。
ですから、まずは補償を最重要として捉え、その後、保険料の減額することのできる特約を検討するようにしましょう。
そんな保険料を減額することのできる特約の1つに「運転者家族限定特約」というものがあります。
この運転者家族限定特約は、被保険車を運転する人物を限定することで、保険料を減額することができる契約となっています。
運転者家族限定特約では、その名称通り、保険加入者である記名被保険者とその家族である配偶者、同居の親族、別居で既婚の子どものみを補償の条件としており、それ以外の第三者が運転する場合は、補償を受けることができないものとなります。
運転者家族限定特約を契約することで、保険料を3パーセントから5パーセント減額することができます。
ですがこれに似た特約に運転年齢条件特約というものがあります。
この運転年齢条件特約も契約している場合は、運転者家族限定特約によって保険料が減額されても、運転年齢条件に満たない方は補償の対象とならないため注意が必要です。
また、これら以外にも運転者を限定することで保険料を減額することができる特約が多数あります。
それらと比較検討を行い、自動車の使用状況と照らし合わせて、契約する特約を決定しましょう。
Copyright (C)2018あなたの入った自動車保険・・どんな特約つけてます?.All rights reserved.