このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の医療保険金特約について

任意保険は、人に対する補償と住宅や店舗といった物に対する補償を備えた自動車保険となっています。
この人に対する補償を備えた対人補償に関する保険料を減額するための特約が「医療保険金特約」です。
医療保険金特約は、別名・搭乗者傷害保険医療保険金特約とも呼ばれており、搭乗者を補償の対象とした搭乗者傷害保険に付帯させる特約です。
保険料を低くする代替えとして、入院治療費や通院治療費などの保険金額を減額させます。
ですが、これではいざという時の補償が不十分と言えると思います。
この医療保険金特約の契約は、全ての方にお薦めできるというものではありません。
医療保険金特約を契約することが適しているのは、自動車を運転する際、ほとんど他の搭乗者がいないという、自動車の使用状況の方と言えます。
ほかには、加入しているほかの損害保険によって、搭乗者傷害保険の重要性が低いという場合において契約が適しているものとなっています。
また、昨今の搭乗者傷害保険は、日払いではなく部位症状払いの契約が主となっています。
この医療保険金特約では、部位症状払いの保険金額を減額するものとなっています。
自動車保険では、全ての特約が、全ての加入者にとって適性のあるものではありません。
そのため、特約を契約する際、自動車の使用状況を加味して、契約内容を決定することが肝心となっています。
このことを前提として、自動車保険の特約を検討するようにしましょう。
Copyright (C)2018あなたの入った自動車保険・・どんな特約つけてます?.All rights reserved.