このエントリーをはてなブックマークに追加

車両新価保険特約とは

新車の自動車は、購入した時点が最も市場価値の高いものとなっています。
住宅も同じですが、自動車は使用・経過年数によって、市場価値は必ず下落していきます。
例えば、住宅の火災保険では、保険を適用させた場合、使用・経過年数に応じて保険金額が決定されます。
そのため、新築を用意するための費用よりも保険金額は低いものとなっています。
自動車保険の車両保険も同様で、使用・経過年数によって保険金額は影響を受けます。
例えば新車で300万円だった自動車に対して全損扱いで車両保険を適用させても、300万円の補償を受けることができるわけではありません。
そのため、保険金のみで同じグレードの自動車を購入することは不可能です。
このような場合のための特約に「車両新価保険特約」があります。
この車両新価保険特約とは、保険金額が市場価格と連動することはなく、新車を購入した金額の保険金が支払われるものとなっています。
この保険金には、自動車の本体価格だけではなく、装備品の費用や消費税まで含んだものとなっており、まったく同じグレードの自動車を、自己負担なしに購入することができます。
車両新価保険特約では、自動車の受けた損害額が50パーセントを超える場合に適用されます。
すなわち全損とならなくても、新車を調達するための保険金額が支払われます。
ですが1つ注意が必要なのは、この車両新価保険特約はあくまでも自動車事故によって自動車が損害を受けた場合に適用されるというものという特徴です。
例えば、自動車の盗難による損害の場合は、車両新価保険特約では補償されません。
この場合は、一般の車両保険のみが適用となります。
Copyright (C)2018あなたの入った自動車保険・・どんな特約つけてます?.All rights reserved.